HOMECSR消費者課題>VOICE

組織統治

VOICE

医療・ヘルスケア分野に新たな価値を創造することに挑戦します。

フューチャーデザイン部
木野ゆりか

 フューチャーデザイン部は医薬品ビジネスで「破壊的イノベーション」を起こすことを目標に医療ビックデータの利活用を見据え、data-driven companyへのトランスフォーメーションを推進しています。さらにAI、IoTなどのデジタル技術を用いて、医薬品ビジネスの従来の医薬品の範疇を越えた新たな治療手段を創出しようと考えています。2018年度にはがスタートします。「ヘルスケアの未来を創る」をキーワードに、従来の医薬品ビジネスの枠を超えたビジネスモデルを構築し、患者さんとその周囲の方の幸せ、健康に貢献していきます。
 また、2025年の大阪万博誘致に向けてアイデアを創発し合うプロジェクト「」にもテーマリーダー企業として参画しています。
 日本は、2025年万博を通してSDGsの達成のフロントランナーとなり、世界の持続的発展に貢献することを万博立候補時に表明しています。田辺三菱製薬のチームではSDGsの「目標3: すべての人に健康と福祉を」をめざしてソーシャルイノベーションフォーラムでの採択、フューチャーデザイン部での事業化に向けて若手でアイデアを出しています。
 Around the Pill、Beyond the Pillをめざし、従来の医薬品ビジネスにはなかった技術や事業との組み合わせにより、医療・ヘルスケア分野に新たな価値を創造することに挑戦していきます。

※ SDGsとは、2015年に国連総会にて採択された2030年までに達成をめざす「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。

CSR

CSR活動報告
2018

CSR活動報告

PDF版ダウンロード

コーポレート
レポート
2018

コーポレートレポート

PDF版ダウンロード

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ