ここからメインコンテンツです

HOME採用情報社員メッセージ>ファーマコビジランス職(ファーマコビジランス)

u-g-f.info Recruiting Information

Join Us

  • メッセージ
  • わたしたちの今とこれから
  • 仕事を知る
  • わたしの実現
  • クロストーク
  • 募集要項

育薬のミッションを遂行しグローバルファーマコビジランスを牽引する役割に挑戦/ファーマコビジランス職 1998年入社 Life and Medical Sciences 研究科修了

interview 過去の私 01/入社動機 医薬品の研究開発や販売を通じて、日本及び世界の人々の健康に貢献したい

製薬業界を志望した理由は?

ありきたりかもしれませんが、医薬品の研究開発や販売を通じて、日本及び世界の人々の健康に貢献したいと考え、製薬業界を志望しました。

田辺三菱製薬を選んだ理由は?

自分が就職活動をしていた頃は、国内の製薬企業の合併、統合が始まった時期でした。国内製薬業界の再編を経験すること、その波に乗って国際競争力を強化していく過程を経験することが、自分にとって魅力的なチャレンジに思えました。グローバル人材として世界で活躍することを自身の目標に掲げていたため、海外進出している企業であるかどうか、海外展開を積極的に進めている企業であるかどうかが自分にとって重要なポイントでした。
当社は、歴史ある会社でありながら、世界を視野に入れ、将来を見据えしっかりとした危機意識を持ち、いち早く積極的に変革に取り組み始めた点に魅力を感じました。
海外での自社販売体制の構築、拡大を進めていた当社の方向性が、自分の目指すところと合っていたため、この会社であれば自分も共に成長していけると考え、志望しました。

入社以来、製品の安全性や信頼性に関する部署で仕事をしてきました。2012年から4年半は、当社の欧州拠点「ミツビシタナベファーマヨーロッパ」に赴任し、現地駐在員として勤務しました。

next 現在

interview 現在の私 02/現在の仕事内容 ファーマコビジランスの業務は製薬企業における当然の責務であり良心である

現在の仕事内容を教えてください

私は、ファーマコビジランスの業務に従事しています。ファーマコビジランスは、世界保健機関(WHO)により、「医薬品の有害な作用または医薬品に関連する諸問題の検出、評価、理解及び予防に関する科学と活動」と定義されています。ファーマコビジランスの意義は、医薬品の安全性プロファイルを継続してモニタリングし、医薬品のリスクとベネフィットのバランスを医学的、科学的に評価し、医薬品の適正使用を推進することで、製品の価値を最大限に引き出すと共に、医薬品の副作用等による健康被害のリスクを最小限に抑えることにあると考えます。
当社において、ファーマコビジランスの部署では、開発段階から市販後まで一貫して当社製品に関する副作用をはじめとする安全性情報を世界中から収集、評価し、安全確保措置の立案、措置に結び付ける活動を行っています。
私は主に、臨床開発段階の治験薬の安全性プロファイルの把握と被験者の安全性確保に関する業務、欧米を含めたグローバルなファーマコビジランス管理体制の構築と強化に関する業務に携わっています。
上司から「ファーマコビジランスの業務は製薬企業における当然の責務であり良心である」と言われたことがあります。そのような業務に携われていることに自分は誇りを感じています。

やりがいを感じたことは?

長年の夢がかなって海外勤務が決まったことです。
ファーマコビジランス業務で扱う情報は、国境を越えて迅速かつ適切に交換し、評価して、タイムリーに安全対策に結び付ける必要があります。これを実現するために、世界各国の関連会社、提携会社と緊密な連携が必要となります。
2012年に、田辺三菱製薬グループのグローバルファーマコビジランス管理体制を強化する目的で、英国の現地法人で勤務することになりました。グローバル人材として世界で活躍することを目標としていた自身の夢がかなった瞬間でした。
赴任当時は、欧州において新たにファーマコビジランス関連法律が施行されたり、新たなファーマコビジランス関連ガイドラインが発出されたりなど、欧州におけるファーマコビジランスの激変の時期でした。また、英国の現地法人においては、欧州での新薬の発売を控えており、欧州のファーマコビジランスを経験し、市販後のファーマコビジランス管理体制を強化するにはもってこいのタイミングでした。英国赴任中の4年半の間に多くのことを学び、公私ともに自分を大きく成長させることができました。

苦労したこと、そしてそれをどう乗り越えた?

夢がかなっての海外赴任でしたが、順風満帆ではありませんでした。前任者がいない中での赴任でしたので、日本の本社から人が来るという事で少なからず英国の現地スタッフを警戒させたと思います。自分で道を作りながら業務を改革していくのは容易なことではありません。自分が“ついていたな”と思うのは、赴任後に規制当局からの定期査察を受ける機会に恵まれたことです。普段行っている業務を確認されるだけのことではありますが、正しく点検していただくために当然準備が必要となります。関連会社との連携なども調べられるため、日本や米国を巻き込んで必要な準備を行いました。この準備の段階でお互いに切磋琢磨したことでチームの連携ができました。無事に定期査察を終えた後の打ち上げで自分がチームの一員として認められたことを実感しました。
4年半の駐在を終えて日本に帰国する際、現地のスタッフは涙を浮かべて「帰って欲しくない」と言ってくれました。本当に素敵な仲間に恵まれたと思います。日本に戻っても仲間であることに変わりはありません。このメンバーがいる限り田辺三菱製薬グループのグローバルファーマコビジランス管理体制は盤石だと自負しています。

忘れられない仕事は?

入社2年目、担当業務に関連する社内コンピュータシステムを構築するプロジェクトのプロジェクトマネージャーの大役を仰せつかりました。利用価値の高いシステムを構築するために、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトをリード。プロジェクトメンバーとアイデアを出し合ってユーザー要件を整理し、システムのベンダーと協議してシステムの仕様を固めました。その結果、満足のいくシステムを作り上げることができました。
このプロジェクトにプロジェクトマネージャーとして係れたことで、リーダーシップの経験、チームで仕事を進めていくことの大切さ、簡単に妥協してはいけないこと、力を注げば注ぐほど利用価値の高いシステムが出来上がることなど、多くのことを学びました。当時の上司から「君に任せて良かった」と言ってもらえた時は達成感、満足感と嬉しさで涙が出る思いでした。このシステムは完成度が高く、現在でもほぼ当時の原形のまま社内で利用されています。

仕事をする上で、心がけていることは?

知らないことや分からないことは直ぐに調べる、自分の得意を強みまで高めるということをいつも心がけています。欧州のファーマコビジランスに関しては、日本の中で一番知っているという状態になれるよう日々努めています。
自分のちょっとした手助けで人の役に立てたり、感謝していただけたりすると幸せな気持ちになります。“ありがとうって言ってくれてありがとう”という気持ちです。
頼まれたことは、迅速かつ確実に対応することを心がけています。なぜなら、そこから信頼が生まれるものと考えるからです。少しでもファーマコビジランスの業務でメンバーの手助けになれるよう、知識と経験を蓄えていければと考えています。
その他、英語力の維持、向上にも努めています。言葉は自分の耳で聞いて、自分の言葉で発信して初めて伝わると考えています。日本に戻って英語を使う機会は減りましたが、オンライン英会話を毎朝受講することや海外の同僚と電話で連絡を取り合うことで、維持、向上を目指しています。

next 未来

interview 未来の私 03/これからチャレンジしたいこと グローバルファーマコビジランス管理体制の向上を牽引していけるような人材に

これからチャレンジしたいこと

当社は現在、世界最大の医薬品市場である米国において自社販売による持続的成長基盤を早期に構築することが不可欠と考え、そのための事業投資ならびに研究開発投資を積極的に行っています。英国赴任中に学んだこと、経験したことを活かして、これからは当社が目指す米国市場におけるファーマコビジランス管理体制の強化、グローバル連携の強化に貢献できればと考えています。
英国赴任中に、会社のサポートを受けながら大学のファーマコビジランス修士コースを受講し、修了しました。このコースで多くを学び、たいへん充実した日々を過ごしました。共に学んだ仲間とのつながりや研究成果は自分にとってかけがえのない大きな財産となりました。英国の大学で学べたことで、情報を批判的に吟味する視点が特に養われたように思います。当社のグローバルファーマコビジランス管理体制の向上を牽引していけるような人材になれるよう今後も努めていきたいと考えています。

みなさんへのメッセージ/message

就職活動は大変かと思います。自分に合った会社を見つけることも容易ではないと思います。
この会社には志の高い素敵な仲間がたくさんいます。この仕事には高い倫理観、法令遵守の意識、新しいことを学ぶ意欲、学んだことを業務で活かす実践が求められます。学ぶ意志、経験する意志がある人には、その場を提供する環境が整っています。よろしければ一緒に働きませんか?
あなたの可能性に挑戦できる仕事が待っていますよ。

社員一覧

  • 研究職(探索合成)
  • 研究職(薬理)
  • 研究職(技術研究)
  • 開発職(臨床計画)
  • ファーマコビジランス職(ファーマコビジランス)
  • MR職(MR)
  • スタッフ職(海外事業)
tsoydesign.com.ua

ミ慯 ミソムミオミエミサミーミウミーミオミシ ミキミーミコミーミキミームび ミク ミコムσソミクムび ミスミームムひオミスミスム巾ケ ミコミセミイミオム ミスミオミエミセムミセミウミセ ム ミエミセムムひーミイミコミセミケ.
ミ」ミキミスミーミケムひオ ミソムミセ ミソミセミソムσサム肖ミスム巾ケ ムミーミケム ミスミー ムひオミシミームひクミコム kover-samolet.com.ua.