予防・治療できるの?
どうやって治すの?

結膜充血の症例

ドライアイ、結膜炎、眼精疲労など、充血を引き起こす要因は様々です。しかし、理解しておかなければならないのは、身体の防御機構を働かせるために充血という症状が出ている場合が多くあるということです。現在では、血管収縮剤が含まれている目薬で、簡単に充血を解消することができますが、身体の防御反応として充血が起こっている場合、むやみに充血を取り除くことは逆効果となります。それは、風邪などのときに、身体がウィルスと戦うために発熱しているにもかかわらず、解熱剤で熱を下げてしまい、風邪を治すどころか逆に長引かせるという結果を招くことと同じです。人と会う約束があるときに充血していると気になるものです。そんなときに充血をとる目薬を使うことがあると思いますが、くれぐれも習慣化しないように気をつけてください。大切なことは、根本となる疾患の治療をすることです。充血は症状であり、病気そのものではありません。自己防御反応の現れともいえます。あまり症状がひどい場合でなければ、ゆっくり睡眠をとるなど、目を休めることが一番です。




●予防・治療できるの?


ice cooler

ミ」 ミスミーム威オミケ ミコミセミシミソミーミスミクミク ミーミイムひセムミクムひオムひスム巾ケ web-ムミーミケム ミソムミセ ミスミーミソムミーミイミサミオミスミクミオ ミ慴オムひーミスミエミクミオミスミセミス ミコムσソミクムび www.steroid.in.ua
biceps-ua.com/oksandrolon-anavar-oksandrin.html